結婚相手に求める条件として必ず上がってくる事柄、それは「安定した生活」です。では、それはどうやって手に入れるか・・・それには「収入」が不可欠ですよね。

「愛があればお金なんて・・・」「愛はお金では買えません」「お金より大切なことはある」は究極の理想論。あからさまに表現すると眉をひそめられますが、誰しもが心の中に譲れない条件として「収入」という価値観を持っている筈です。

もちろん第一条件ではない方も沢山いらっしゃいますが、第五条件までには絶対入る事確実です。

今回は「安定した生活」を形作るための要素である収入が、「安定的」に保証されている職業の公務員の男性をゲットするための3つの心得をご紹介します。

信頼感を大切に

まず「公務員」と聞いてイメージすることはなんでしょうか?「収入が安定している」と同じくらいの割合で「社会的な信用度が高い」「信頼できる」「堅実」というキーワードが上がってくると思います。ということは、一番身近で一緒にいる人には、そのイメージを壊さないような人柄の人を求めるだろうと考えられますよね。

つまり

・社会的常識がある

・金銭感覚がきちんとしている

・公明正大

という人間性が求められていることになります。

社会的常識といっても難しい事ではなく、約束を守る、時間を守る、といった事でまず十分です。人間の基本動作ですから、その人の人間性が十分出ます。

これらは当然公務員だからとは限りませんが、特に好まれる資質であることに変わりはありません。

転勤にもポジティブで

公務員は大まかに言うと、転勤が多い、と言えます。

特にキャリア採用された国家公務員は転勤が義務付けられています。日本全国津々浦々に派遣されて経験を積むことが求められているのです。日本の国を担う人材ですから当然ですよね。

ですが、いざ自分が「転勤」「引っ越し」となったらどうでしょうか。当然、と簡単に片づけられるでしょうか。

親しい友人と別れ、新しい家を探し(官舎と決められてる場合もあり)、荷造りをし、子供の学校や塾、習い事教室を見つけ、役所に諸々の届出を提出し、銀行やカード、携帯電話会社に住所変更の手続きをし、電気・ガス・水道の停止・開通を申請し、近所の状況を把握し(スーパーや安全な公園を見つける)、新しい人間関係を築き…と、少し考えただけでも重労働です。

それを多い時は2年に一度繰り返さないといけなくなります。物理的なことは業者に任せることが出来るとしても人間関係はそうはいきません。神経は使います。

子供だって「お友達と別れたくない!」と泣き叫ぶこともあるでしょう。もしかして今あなたが働いていたら、退職しないといけなくなるかもしれません。

でもこれらに文句を言っても仕方ありません。だって、公務員と言う職業で、

僕元々そういう仕事なんだよね、結婚する前から分かってるよね

って暗黙に伝えられているんですもの。

なのであなたは「新しい地域に引っ越せるって、新しい経験が出来るから楽しいよね」「人間は経験が多い方が引き出しも多くなるものよ」「飽きっぽいからちょうど良いやー」くらい前向きにとらえることが必要です。

男性だって転勤先の職場に不安がないわけはありません。職場への不安のみならず、家庭の不安も背負わないといけないのは大変ですよね。そんな時に大切なのは、それらを出来るだけ軽くしてあげられるような、転勤に対して前向きな言葉を伝えてあげることになります。

従って、「この人とだったら大丈夫だな」という安心感を持たせる心意気を持ちましょう。

義両親との同居も覚悟しておく

一方で地方公務員は転勤は少ないと考えられています。もちろん同一県内での転勤はありますし、外郭団体への出向も有り得ますが、国家公務員ほどの幅広さはありません。

基本的に、この地域の為に働きたい、貢献したいというモチベーションで地方公務員を選択している方が多いです。

地元に貢献したいという考えが強い人は、地元が好き⇒地元に根付いている⇒両親との関係が良好と言う人も多いと考えられます。

もしあなたが、同じ公務員だから地方公務員でもOK!と考えられるのであれば、相手方の両親との同居も前向きに検討出来ると伝えても良いかもしれませんね。意外と相手の両親が気を使ってくれて、二世帯住宅や近所にマンションを購入してくれたりするかもしれません。

大切なのは

公務員という職業が安定しているのは間違いない事実です。結婚相手が公務員であることによって得るものも多いでしょう。ですが、結婚相手は「公務員である」という事柄だけで決定するものでもありません。あくまでも判断基準の一つとの認識でいてください。

知り合った素敵な人を好きになりその人が公務員だった、その人と付き合いたい、という時に、3つのポイントを思い出して下さいね。

 ゼクシィ縁結びカウンターはじめての婚活、結婚相談所ならゼクシィ縁結びカウンター