「Iターン婚活」という言葉を聞いたことはありますか?

「Iターン」とは、都市部から出身地とは違う地方に移住することを指しています。そしてここ最近「Iターン婚活」をする人が増えてきているそうです。

さて一体、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?。早速調べてみましょう。

メリットその1:今までとは違う自分になれるかも

学校を卒業し就職活動する時に「Iターン就職」と言う言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。

「就職」が「婚活」に変わっただけ、と考えると分かりやすいのですが、「Iターン婚活」は、それまで生活してきた基盤と全く違うところに行き、新しい生活を始め、そこで結婚相手を見つけるということです。

何のしがらみもなく、縁もゆかりもない新天地って見るもの全てが新鮮に感じられますよね。何故だかワクワクして、イイコトが起こりそうな、ステキな出会いがあるような予感を覚えることもあるでしょう。

何をするにも初めのことが多く、これは何だろう、明日は何が起こるんだろう、誰と会えるんだろう・・・・、何も知らないからこそ、先入観無しに色々な物事を真っ直ぐに受け止められそうです。

今まで自分が持っていた価値観や思い込みも、まるっと変わるかもしれません!

メリット2:濃厚な人間関係を築けるかも

都市部で生活していると、隣に誰が住んでいるか分からないということは良くありますよね。

近所のスーパーに行っても人は沢山いるけど知り合いは誰もいない。駅にもデパートにも、道にも人は溢れているけれど自分を知っている人は誰もいない・・・。

一日近所を散歩しても、お店に入ってお茶を飲んでも買い物をしても、誰とも会話をしないということもざらでしょう。

もし、ここでは私は誰にも認識されていない、いてもいなくても誰にも影響を及ぼさないのかも・・と思ってしまったり、そう感じることに悲しみを覚えたら、町全体が顔見知りという全く知らない地域に住んでみるのも良いかもしれません。

ちょっとしたお買い物をする時も何気ない会話を交わしたり、自分以外の人が自分を気にかけてくれる温かい感情を味わえるかもしれません。

もしそこで運命の人に巡りあえたら町全体で祝福してくれそうですよね。

デメリット1:やっぱり不便かも

ズバリ言いましょう。都市部は便利です。モノでもコトでも都市部で多くの事が叶えられます。

もちろん地方都市にも、デパートや百貨店、コンサート会場やライブ会場、映画館、美術館といった類はありますが、世界的知名度を誇る人やモノの来日(公演・展覧会開催)は大都市部に集中してしまいます。

移動手段も、都市部ほど鉄道網が発達しておらず、車中心の生活になるかもしれません。運転免許証は勿論、車も必需品と考えられます。

また子供の塾や習い事の選択肢も、都市部に比較したら少ないです。今まで住んでいた都会と同レベルの生活や便利さを求めてしまうと、ストレスを感じてしまうかもしれませんね。

デメリット2:濃厚過ぎて疲れてしまうかも

メリット2の裏返しでもありますが、濃厚過ぎる人間関係は時として負担に思えてしまうかもしれません。

時として放っておいてほしい時に執拗におせっかいを焼かれたり、ずかずかとプライベートな領域に踏み込まれてしまう可能性もあるでしょう。

そこの地域独特の、よく分からない独自ルールも存在しているかもしれませんよね。

まぁ、良い所だけ享受したい、とはなかなかいかないものです。

手段の一つと考えてみましょう

「結婚」は人と人との出会いでなされるものです。

今の生活パターンや婚活で行き詰っている人には「Iターン婚活」というのも新しい婚活の切り口になり得るでしょう。

ただこれはあくまでも手段の一つ、きっかけであり、一番大切なのは

結婚後の生活

です。

メリット・デメリットをそれぞれあげてみましたので、自分にとって有益だと思えるか、じっくり考えてみて下さい。