ここ数十数年で世の中の動きが目まぐるしく変わっていると感じたことはありませんか?

特に、携帯電話、スマホやPCなどの生活に密着した電化製品の開発・進化は、その出現以前/以後で皆さんの生活様式を大きく変えているのではないでしょうか。

気軽にまたダイレクトに海外とやり取り出来るようになりグローバル社会の一員であることをより一層認識することで、日本古来の価値観に縛られることもなく様々な価値観や多様性の存在を認識し、許容されることも増えてきています。

女性の社会進出も当然のようになって来ていますね。1986年に制定された男女雇用機会均等法に始まり、それ以降も何度か改正されたことで、嘗ては女性が就職しても「腰掛け」「お茶くみ」「結婚したら専業主婦になる」という既定路線がありましたが、現在では産休・育休も当然の権利として存在し、女性が生涯働き続けることも珍しくなくなりました。

それに伴い、女性の「婚期」と呼ばれる年齢も、そもそも結婚に対する価値観も選択肢も変化してきています。価値観や選択肢が増えると考え方もぶれてしまいますが、考え方が定まっている方が良い結果を生むことは明白です。

今回は、結婚を望んでいても何故か結婚できないタイプの女性の特徴に注目してみます。

今の生活に満足している女性

あなたは今の生活に満足していますか?

例えば実家暮らし。実家で親兄弟と仲良く暮らしていると、淋しいと言う感情が湧いてくることも少ないですよね。外出先から家に帰ると電気がついていて夕ご飯が出来ていて、若しかしたら掃除や洗濯も誰かがやってくれている、なんて方もいらっしゃるでしょう。家賃や住宅ローンに苦しむもありません。

このような方は積極的に婚活をする意欲が湧いて来なくても不思議ではありませんし、例え婚活をしていても決めきれないことが多いです。

言い方を変えると、今の生活を変える必要性がないですし、下手したら今の生活水準より下がることの方が多いので、少しでも迷ったら進めない、進まないという選択肢を選んでしまいます。

ですが、いくら実家暮らしが楽しくてもその時間は永久には続きませんので、頃合いを見て自分自身に気合を入れてみましょうね。

女性としての魅力が高過ぎる女性

あなたの周りに「何であの人が独身なの??」と思うような人はいませんか?

女性として容姿や能力、魅力に溢れている人は時として多過ぎる選択肢から選べないという罠にはまることがあります。黙っていても色んな素敵な男性が次々と近づいてくる状況ですとどんどん理想が高くなってしまいますよね。

ですがそのうち、ふと気が付いた時には誰も周りに居なくなってしまったという状況に陥るのです。

そんな時に、過去に近づいて来たりお付き合いした人より素晴らしいと思える相手に出会えれば良いのですがなかなかそうもいかず、最終的には独身を貫いてしまうのです。

人付き合いが苦手な女性

色んな人と出会い、話すのが好きな人はその分人と出会うチャンスが増えます。紹介されるチャンスも多いです。

ですが、他人との関わりを持たない、持つのが苦手な人は当然のことですがその分チャンスが減ります。もしかして他人に興味が持てない方もいらっしゃるかもしれませんね。

ただ、ある日突然運命的な出会いが降ってくることはほぼありませんし、もし誰かに出会えたとしても中々次のステップに進めず、気がついたらやっぱり一人になっていた、ということもあります。

ですが、人付き合いが苦手なのは欠点ではなく個性と考えてみて下さい。いきなり「交際」を念頭において行動し人間関係を構築することは難しいですが、例えば趣味のサークルや教室に入る等で少しずつ人との関わり合いを持つことは出来ます。

最初は失敗しても良いので、他人と関わることに慣れるようにしてみましょう。

結婚とは

良く言われていることですが、結婚は一人では出来ません。相手がいて初めて成立する関係です。また、結婚がゴールでもありません。

もし今「結婚できないタイプ」に自分自身が当てはまる、心当たりがあったとしても、婚活はあなたの気持ちの持ちようで大きく変わる、変えることが出来ます。

良い出会いがあると良いですね。