婚活パーティーは一度にたくさんの人と出会える場で、とても効率よく婚活を進められ、婚活中の人には心強い味方です。

婚活を始めたら、まずは婚活パーティーに参加してみるという人が多いでしょう。

参加もしやすいので、婚活に困ったときは取り合えず婚活パーティーに参加してみるのもいいでしょう。

婚活パーティーに参加した時に困るのが気になる方が複数いたときです。

出会いの多い婚活パーティーですが、良いなと思う相手に出会えない日もあります。

そんな中、一度に気になる相手に複数人出会えた時はこの出会いやご縁を無駄にしたくないと思うはずです。

しかし、気になるのが複数の相手に同時にアプローチをしても良いのか、浮気にはならないのかということです。

今回は、婚活中に複数の相手に同時進行でアプローチをしても、浮気にならない方法についてお話ます。

婚活中に気になる男性との出会いが複数あったら

婚活中の良い出会いは絶対に逃したくないですよね。しかし、婚活中はいつ良い出会いがあるかわかりません。

今日の人より、明日の人の方が自分に合っているかもしれませんし、明日より昨日の人の方が、自分に合っていたかもしれません。

運よく婚活中に良い出会いが複数あった場合も、運命の相手を逃したくないとなかなか一人に絞れないという人も少なくないでしょう。

例え複数の相手に連絡先を聞いて、同時進行でアプローチを掛けたとしても、まだ相手を知る為の友人としての関係であれば浮気になりませんし、特に問題はありません。

しかし、深い関係となっている相手がいるのに、複数の相手と連絡を取ったり会ったりすると浮気になってしまうので気を付けましょう。

すでに結婚の約束をしている相手がいる場合

すでに婚約している相手がいる場合や、結婚の話が出るぐらい親密な関係を築いている相手がいる場合、複数の相手と婚活目的で会うのは、どんなにあなたが純粋に結婚相手を探しているだけとは言え、浮気になってしまうのでやめましょう。

しかし、いざ婚約をすると『本当にこの人でいいのか』、『他にもっといい人がいるかもしれない』急にリアルになってくる結婚や、これからの生活を考えると、もう一度確かめてみたいと思う人も少なくはないでしょう。

例えばもう一度婚活を始め、現在の婚約者より良い相手に出会ってしまい、婚約破棄をすることになったとします。

その場合、正式に婚約していた時は、結婚の話がなくなるだけでなく、婚約破棄の慰謝料を請求される事もあります。

相手も真剣にあなたと結婚したくて婚約したはずです。

その気持ちを裏切ってしまったわけですから、慰謝料を請求されても仕方ありません。

また、婚約をしていなかったとしても、付き合っている相手を裏切っての二股や浮気になるので、バレてしまった時や、別れ話を切り出した時に相手を相当怒らせてしまい、事件に巻き込まれたり、危険な目に合ってしまう可能性もあります。

複数の相手を同時進行で見極めたいときは、体の関係や真剣交際、結婚の話が出る様な深い関係になる前に一人に選びましょう。

まとめ

結婚は一生のことですし、交際と違い何か起これば法律的な問題にも発展しやすいです。

しかし、最悪の事態は簡単に防ぐことが出来ます。

あなたが誠実な態度で真剣に婚活に向き合うことです。

婚活中に、気になる相手が複数人現れるのは、とてもラッキーなことだと言えます。

1人の人になかなか絞れず、同時進行で数人の方と連絡を取ったり、出かけたりするのも悪いことではありません。

しかし、婚活は一人で行うものではなく、必ず相手がいるものです。

真剣に婚活をして結婚したいと思っているのはあなただけではなく、あなたが同時進行で連絡を取っている男性たちもあなたと同様に真剣に婚活をしてあなたに向き合っているのです。

あなたが自分のことだけを考えて、せっかく交際が始まったのに、別れる原因となる浮気などをし続けると、誰にも大切にしてもらえなくなるかもしれません。

そして、もしあなたが逆の立場で、婚約者に浮気をされたらとても悲しいですよね。

婚活を始めると、焦る気持ちも出てくるかもしれませんが、誠実な気持ちを忘れずに、将来家族になるかもしれない相手の気持ちを考えて、自分勝手な婚活にならないように気を付けましょう。

パートナーエージェントパートナーエージェントの婚活パーティーOTOKON