婚活をしていく上で、多くの女性が結婚相手に求める条件といえば、性格・容姿・年収の三つではないでしょうか。

特に年収は結婚後の生活に関係していくため、条件として重視する人も多いことでしょう。

しかし、結婚相手の年収を結婚理由として重視しているのは女性だけでしょうか?

男性も奥さんとなる人の年収を気にしているかもしれません。

今回は婚活においての働く女性の年収についてお話します。

婚活において男性は女性の年収を気にする?

婚活で男性が結婚相手を選ぶ条件として女性の年収を気にするかどうかは個人差があります。

結婚後、共働きをしなくても奥さんや子供たちを養っていける年収がある男性は、女性の年収を気にする人は少ないでしょう。

男性にある程度の年収があっても、共働きを希望する人もいれば、仕事はしていて欲しいと言う人、最低でも年収は○○円ぐらい稼いでほしいと言う人などもいることでしょう。

また、若い人は生活費に敏感な人も少ないため、年収を気にしない人も多かったりします。

しかし、ある程度の年齢を重ねた人の婚活では、年収が高いというだけで男女ともに武器になります。

例え、男性が女性の年収を重視していなくも、仕事をしているということで、女性は立派な社会経験を積んでいると好印象を抱くことでしょう。

年収が高い女性は、大人として自立している人であると考えられるため、結婚後の生活が円滑に進むだろうと考える男性もいます。

但し、女性の年収を気にしすぎる男は、女性のお金目当てで近づいてくる場合もあるので気を付けましょう。

年収の高い女性は結婚後も働くべきなのか?

お金はありすぎて困るものではありません。

ですが、男性の中には奥さんが自分より高い給料であることを不満に思う人もいます。

交際中や、結婚してすぐの頃はあまり気になりませんが、生活をしていく内に徐々に気になり始める人もいます。

そのように考える人は年齢が高い男性やプライドの高い男性によく見られます。

しかし、実際に女性の年収が高いと、生活費も余裕が出ますし、マイホームの資金や子供のための貯金も出来るので良いこと尽くしです。

年収の高い女性には仕事好きの人が多く、結婚しても仕事を続けたいと思う女性も多いでしょう。

男性がいつ女性の年収を気にするようになるかも分かりません。

従って、結婚前から働き方やお金についての話し合いをしておくことをお勧めします。

話し合うことで結婚後の年収トラブルを避けることが出来るでしょう。

出産後に女性は社会復帰すべきなのか?

少子高齢化社会が進んでいる現代では、人材不足のせいで共働きが主流になってきたといえます。

そんな中、高収入で優秀な人材である女性が、結婚をして家庭に入ってしまうのは社会的に見ても損失です。

少子化が進んでいる事を考えると、女性には子供も産んで欲しいという世間の気持ちもあるでしょう。

仕事を優先すべきか、子供を産むべきか、どちらにせよ女性にとっては本当に大変な時代になってきました。

最近では、結婚・出産後の女性の社会復帰がスムーズにいくように、新しい制度や環境づくりに力を入れる企業も増え始めています。

出産後に社会復帰を考えている女性は、企業の制度を活用することで、以前より社会復帰しやすい環境になってきています。

まとめ

結婚するにあたり、奥さんの年収を気にするかどうかは個人差があり、男性によって様々です。

しかし、時代の流れとしては、女性の年収が高いことに抵抗がある男性は少なくなってきました。

共働きの夫婦も増え、女性には仕事と家庭の両立を求められることが多くなってきた為、婚活では高収入の女性が有利といえるでしょう。

結婚後も仕事と子育てを求められ、女性には負担の大きい時代です。

そんな時は旦那さんの協力が必要不可欠になってきます。

旦那さんになる人にはお互いの本音をさらけ出し、夫婦で家事や子育てを協力しあうことで、幸せな結婚生活を築いていって下さい。

ゼクシィ縁結びカウンターはじめての婚活、結婚相談所ならゼクシィ縁結びカウンター