バレンタインチョコレートをもらって喜んだのはいいけれど、それは本命チョコ?はたまた義理チョコ?違いはどうやって見分ければ良いのでしょうか。今回は女性に街頭インタビューして答えてもらいました。

ラッピングを頑張る

本命はラッピングを頑張ったり、形を変えて渡してた。友達は簡単に数が作れるやつ。
(20代前半2人組の女性)

ラッピングを凝る

ラッピングをめっちゃ凝るとか。LOFTとかに売っているような箱とわしゃわしゃしたやつ(クッション材)を使う。友達には、透明の袋に入れて大量生産。
(20代2人組の女性)

手作りでラッピングを可愛くする

好きな人には、完成度を上げます。友達のは買うけど、好きな人にあげるやつは手作りします。欄っピングを変えて可愛くします。
(20代2人組の女性)

量より質

本命の人には、けっこうすごい気合入れて凝ったものを作るんですけど、そんなに思い入れのない人はクッキーだけとか。量の違いかな?
(20代金髪の女性)

豪華な入れ物、買うなら高級チョコ

入れ物を豪華にするとか。今年は生チョコを作りました。本命だったら、3,000円くらいの良いチョコを買います。義理チョコなら1,000円未満。
(10代黒髪2人組の女性)

まとめ

簡単なラッピングで、自分と同じチョコをもらった人がいれば、それは義理チョコ。

自分だけ特別で豪華なチョコだったら、本命チョコと思って良いのではないでしょうか。