2017年の司法統計によると、夫からの離婚希望は6位から2位へと上昇しています。

そして離婚原因の多くは精神的虐待です。

男性は今、女性からの精神的虐待を受けているのです。

男性が感じている精神的虐待の内容とは、いつもイライラしている、口調がキツイ、いきなりキレる、急に怒り出す、何をしても怒られる、口をきかない、無視する、夫の分だけ家事をしない、人格を否定するような言葉を言うなどです。

男性は妻が怒っている理由を分かっていないし、理由が分かったとしても、解決策が妻が望んでいるものとは大きく異なっている場合が多い。

そもそも妻が怒っている理由は、今の出来事だけではなく、過去の出来事も考慮したうえで怒っていることがあります。

女性は感情によって記憶を引き出す。

ネガティブトリガー(悪い思い)とポジティブトリガー(良い思い)が存在しており、それによって感情が左右されることがある。

女性は自分より弱い者にはネガティブトリガーが発動しやすく、強いものに対してはポジティブトリガーが発動しやすくなります。

例としては、夫には厳しくなり、ペットや子供には優しくなります。

但し、勘違いしないで欲しいのは、妻の怒りは夫にきずなを求めている現れなのです。

特に周産期(妊娠、出産)と授乳期に強く現れます。

男性にとって結婚の継続は、女性の母性による攻撃からいかに身を守るかの戦略である

男性は結婚において夫の役割をどうこなすかというビジネス戦略が必要である。

妻のネガティブトリガーを減らし、ポジティブトリガーをいかに多く増やすかが夫の仕事である。

何十年も過去の記憶を掘り返す女性の記憶

すでに和解したはずの過去の記憶を