「いくら払えば本番できる」という男性の心理とは何なのか

男性から「いくら払えば本番出来る?」と聞かれたんだけど、男性の真意って何?

昨日、デートしていたら男性から「いくら払えば本番出来る?」と言われました。

私は「うーん100万ならいいかなー」って答えました。

そしたら男性は「え、自分にそんな価値があると思ってんの?!」と言ってきました。

なぜ、男性はこんなにアホなのでしょうか?

何を考えて、こんな発言しているのでしょうか?

今回はそんな疑問にお答えしていきます。

まずは男性と女性の考え方に大きな違いがあることを理解しておきましょう。

男性が「いくら払えば本番出来る?」という発想の前提には、「風俗」が存在しています。

女性が風俗を利用する人は非常に少ないですが、
男性のほとんどは利用したことがあります。

完全に性欲がない草食系男子か超モテているイケメン男子でなければ、大抵の人は定期的に利用しています。

特に恋愛をしたがっている男性は性欲がありますから、年に数回は風俗にお世話になっている人が多いでしょう。

そのような事実が女性には信じられないかもしれませんが、それが真実ですから、まずは真実を受け止めてください。

そして、風俗がどのようなところかを理解していない女性が多いと思いますから、その点も理解しなければいけません。

風俗は分かりやすくいえば、お金を払ってエッチ出来るサービスです。

お金を払えば、自分の好みの可愛い子を指名してエッチする事が出来るのです。

訳の分からない小汚いおばさんとエッチするわけではありません。

18.19歳の高校卒業したての可愛い子とエッチが出来るのです。

熟女や人妻好きの男性なら、ドエロな人妻と自分の欲望のままにエッチが出来るのです。

つまり、お金さえ払えば、可愛い子とエッチする事が出来るというのが男性の認識なのです。

(もちろん、極端に言っていますが、誰もがそのような認識というわけではありません。)

それ故、その男性は「いくら払えば本番出来る?」と聞いたのです。

つまり、男性は風俗という基準を持って、あなたの事を判断しているのです。

残念ながら、今の男性の目には、あなたのことは風俗嬢(orセフレ)と同じ扱いをされているということになります。

あなたの事を1人の女性とは見ていません。

ただの欲望を満たすためだけの肉体としか見ていないのです。

しかし、性的な対象にすらならない女性もいますので、性的な評価だけはされているという女性枠の扱いなのです。

あなたと恋愛して、大切な女性の1人として見ることはなくなったので、それなら1人の性的な肉体として見るようにしようと考え方を切り替えたのです。

では、このような考え方を持った男性とはどのくらいいるのでしょうか。

体感値としては約7割の男性が該当します。

女性側からすると、こんな性格の悪い男性は願い下げだわと思うかもしれませんが、大多数の男性が同じ思考を持っています。

残念なことにこれが現実なのです。

なので、そんな性格が悪い男性のことを嫌いになってしまう女性が沢山出てきてしまうかもしれませんが、

よく男性から都合の良い女扱いをされてしまうという女性は、実は似たポジションの女性ということになります。

彼女にはしたくない、本命にはしたくないのだが、性的な対象にはなるといった女性が都合の良い女性扱いされることになります。

最後に

「いくら払えば本番できる」という男性の心理とは何なのか

「いくら払えば本番出来る?」という男性の心理には、風俗という価値基準が存在しています。

1人の恋人候補という視点ではなく、1人の性的対象として見られています。

価値基準が変わってしまう男性は、思いのほか多く存在しています。