恋活アプリを利用しようと思ったきっかけ

現在、35歳独身女性です。20代後半で結婚しましたが、諸事情により約1年で離婚しました。現在は、恋活アプリを利用して出会った彼とお付き合いが始まったところです。

私の結婚相手は、学生時代からお付き合いをしていた彼でした。卒業後の就職先での勤務地が離れてしまい、遠距離恋愛が始まりました。2年半後結婚をしたのですが、それを機に、私が退職して彼の元へ引っ越しました。

慣れない土地での生活とお姑さんからの小言がストレスになり、体調を崩し寝込んでしまいました。休養を取るために実家へ帰省し、体調は回復したのですが、今度は私の母が持病による入院をし、そのまま実家での生活を強いられることになりました。この別居が離婚の原因にもなりました。

離婚後、再就職のためにと医療系国家資格を取得し、病院勤務をしていました。その間、恋愛する余裕も無く、気がついたら30代に突入していました。

周りの友人が結婚・出産をした話を聞くことが多くなり、再婚をしたいという思いが強くなっていきました。そんな中、結婚アドバイザーの知り合いから婚活を進められ、婚活パーティーに参加し始めました。しかし、良い出会いは無く、参加費やプライベートな時間を費やすことが勿体無いと感じるようになり、そんな中SNS経由で婚活アプリを知り、始めてみることにしました。

活用した恋活アプリの内容と手応え

私が利用した恋活アプリは、「ゼクシィ恋結び」です。“結婚=ゼクシィ”というイメージが強いことと、“ゼクシィなら大丈夫かなぁ”という思いから始めてみました。

お相手の方とメッセージのやり取りをするためには利用料がかかりますが、会員登録だけであれば、無料で行うことが出来て、閲覧は可能です。

ご縁が期待出来ると感じたら、会員登録をして、積極的に「いいね!」やメッセージのやり取りを行うといいと思います。

会員登録時、顔や趣味の写真を登録出来るのですが、写真は大切だと思います。第一印象が決まるので、雰囲気が良く分かる写真を選ぶといいと思います。

私は、多くの「いいね!」を貰うことが出来ましたが、その理由を聞くと、「雰囲気が良かったから」という方が多かったです。ご縁が期待できる方とのやり取りもスムーズに行うことが出来ました。

恋活アプリの出会いから始まるお付き合い

私は、このアプリで出会った方とお付き合いに至りました。アプリ内でメッセージのやり取りをしていた方は何人も居て、お食事に誘われることもありました。

今の彼も同じようにお食事に誘ってくれていましたが、なかなか予定が合わず、会うまでに約半年掛かっていました。お互いの生活が落ち着いた頃、再び連絡を取り合ったのがきっかけで話が盛り上がり、食事に行きました。

お互いに良い印象を受け、すぐに2回目の食事の約束をしました。1回目の食事以降もメッセージのやり取りをしていたので、お互いの気持ちを確認し合いながら過ごしていました。

お互い離婚経験があったので、将来のことを話したい想いもあり、2回目に会った時は、より深い話をしていました。そうすることで、お互いのことをより知ることが出来、信頼も出来たと思います。

ネットで知り合ったからこそ、早々に不安な点を解決させることは大切だと思いました。2回目の食事での会話もとても盛り上がり、一緒に居たいという想いも強くなり、その後すぐにお付き合いが始まりました。

まだお付き合いが始まって間もないので、お互いの生活リズムや仕事のペースを理解することが今の課題です。

私も彼も仕事中心の生活をしていたために、恋活アプリを活用していました。利用目的が同じだったこともあると思いますが、似てるところが多く、物事の考え方や価値観に関して違和感を感じることは少ないと思います。

実際に会う前のやり取りで自分のことをさらけ出して理解しあえていたことも大きかったと思います。

もし途中で違和感を感じたことがあれば、そこでお断りをすることも可能なので、慎重に関係を築いていきたい人にとっては、有効なサービスだと思います。